FXにおける雇用統計について

あなたはFXに興味がありますか。FXとは日本語で外国為替証拠金取引といい、異なる二国間の為替通貨を売買することによってその利息を得たり、為替レートの差による為替差益を狙う投資商品のことです。近年、個人投資家の間でとても高い人気を誇っており、20歳以上であれば誰でも取引ができることから株式投資に代わる新たな金融商品として定着しつつあります。 為替レートは様々な要因で動きます。各国の各経済指標の増減や自然災害などのファンダメンタル的な要因であったり、過去の値動きから予想するテクニカル的な要因であったりと実に多種多様です。相場を予想する際、何を重要視するかはその人によって様々な手法がありますが、その中でも多くの投資家が重視していることに毎月一回発表される米雇用統計があります。これはアメリカの雇用者数を統計で表したものであり、発表後は大きくレートが動くことが多いです。一般に雇用統計の発表前後は取引しない方が安全です。FXはどちらかというとテクニカル分析を軸に取引している人が多く、様々なテクニカル指標を組み合わせて独自に分析し、戦略を立てています。これからFXを始めようとお考えの方はしっかりと勉強し、取引に臨んでみてください。